バイナリー投資家の極秘取引情報

投資家の取引方法
銘柄は基軸通貨
最新バイナリーオプション取引情報
海外業者でバイナリーオプションに勝つ
稼ぎたい上級者はペイアウト倍率で比較
円安円高のタイミングは狙い目
為替市場の活発な時間帯
テクニカル分析は一目均衡表
トレンド予想は基本
予想の判断材料は新聞とニュース
バイナリーの正しいやり方
投資家が国内バイナリーを嫌う理由
複数の業者を使い分けるテクニック
取引のおすすめ銘柄
ドル円ユーロ円が狙いどころ
サイト運営者
利用ルール
サイト運営者

円安円高のタイミングは狙い目

円安円高のタイミングは狙い目

海外バイナリーオプションで勝つためには相場の先読みが大切です。いつでも取引のできるバイナリーオプションであっても、その時間帯や条件によって明らかに儲けやすい時とそうでない時を区別することができます。バイナリーオプションでは、みなさん円安や円高になるタイミングを計ることに注力されていることと思います。では、そういった相場変動が起こりやすい時、狙い目となる時とは一体いつなのでしょうか。

一番重要になるのは経済指標が発表される瞬間です。特に米国雇用統計、FOMC政策金利、GDP速報などが公表される瞬間は世界中のトレーダーが必死の形相でパソコンの画面を睨みつけているのです。このような注目度の高い指標の結果がサプライズであった場合、しばらくその方向に相場は動き続けます。サプライズであるとはつまり事前予想と結果が大きく乖離したという意味です。市場の予想は経済指標の発表スケジュールと共にネット上で簡単に閲覧することができますから必ず毎日目を通すことをオススメします。

また、時間帯としては欧州が早朝を迎える日本時間の午後三時から四時、米国トレーダーが活動し始める日本時間の午後9時から10時くらいの時間帯も相場が動きやすいタイミングです。大きな市場がバトンタッチされるとそれにともなってトレンドが転換したり流れが加速したりします。そのような相場の動きの変化を敏感に感じ取ることも重要なのです。

その一方で最も相場の流れが落ち着いているのが日本時間の午前です。特に月曜日、経済指標の発表がない、先週末の米国市場に波乱無しという3つの条件が揃っている場合は全くといって動かないのが月曜日の午前なのです。この時間帯にはハイロー取引や短時間取引ではなく、レンジ取引を積極的に行うと良いでしょう。

通常レンジ取引はハイロー取引よりも利益に対する効率性が低いと認識されているのですが、この時間帯だけは果敢にポジションを構築していっても良いと考えられるのです。相場には癖があります。動く時と動かない時。それを先読みすることができればグッと成績が向上するわけです。目先のことだけを考えるのではなく、丸一日、一週間、一ヶ月、四半期、一年と目線を遠く広くすることでより立体的なトレードを行うことができます。そこまで成長できればあなたも上級者トレーダーの仲間入りと言えるでしょう。始めから完璧に出来る必要はありません。なんでも一つ一つ。一歩一歩成長していけば良いのです。

copyright(C)バイナリー投資家の極秘取引情報